【個人で判断するのは危険】ブレーカーの修理はプロに頼もう

電化製品の故障時は

電気系統

保証書を確認

日常生活において様々な電化製品を使用し、快適な生活が送れています。湿度が高く蒸し暑い夏場は冷房や扇風機など必需品で、冬場は電気ストーブやコタツなどの暖房器具を使います。他にも電子レンジやオーブン、洗濯機などの電化製品は生活上、欠かせません。しかし、電化製品は故障する事があり、このような時には速やかに修理などをする必要があります。漏電などの不具合を放置して使用していると、感電事故や火災などにつながる恐れがあり、注意が必要です。漏電などの電化製品の不具合による事故は毎年、多く発生していて、使用が多くなる夏場や冬場は、国や自治体などがテレビなどを通じて注意を呼びかけています。これらの電化製品を新品購入する時は通常、品質保証書が添付されています。品質保証書は保証期間内に万が一、漏電などの故障が起きた場合、無料や一定料金で修理補償する事を、購入者に約束する証明書です。一般的に品質保証書には購入店舗の販売証明が必須となり、販売店の名前や日時が記されたハンコなどを、保証書に押してもらう事が必要となります。販売証明がないと修理や返品交換などの補償が受けられない事もありますので、購入時は忘れずに確認しましょう。店舗で購入する際はあまり心配いりませんが、通販などのネット購入のケースでは、品質保証書がたまに添付されていない事があります。品質保証書がないと不良品や漏電時などに適切な補償が受けられませんので、販売者にメールや電話などで確認したほうが良いです。また、ネット購入の際は商品ページを良く見て、修理や返品補償などの記載があるかを確認して、購入に進むように心がけましょう。