【個人で判断するのは危険】ブレーカーの修理はプロに頼もう

専門業者なら危険がない

男性

漏電によって火災が起きることがあります。また、むやみに触って感電してしまう人も居ます。このようなことがないようにするためには、定期的に点検をしたり、修理をしたりすることが大事です。専門業者に任せましょう。

詳しく見る

突然ブレーカーが落ちたら

女性

突然ブレーカーが落ちるようなことが起きてしまった場合、それは漏電が原因の可能性があります。異常に消費電力が増えている場合も漏電の可能性があり、コンセントの差し込み口などが焦げ付くこともあります。配線がショートしているような場合は素人で修理するのは危険があるため、専門業者に依頼するのが安全です。

詳しく見る

電化製品の故障時は

電気系統

電化製品が漏電などにより修理が必要となった場合、保証期間内であれば無料や安価な費用で修理してもらえますが、期間外ではそうはいきません。場合によっては修理するより、新品購入したほうが安く済む事もあります。このような時は購入店舗で不要になった電化製品を、無料引取りしてくれるサービスもあります。

詳しく見る

火災のリスク

メンズ

覚えのない高い電気代の請求や頻繁にブレーカーが落ちるなどがあれば漏電の可能性があります。漏電は放置すると火事になることもあるので危険です。そんな漏電トラブルがあったときは、電気のプロの修理サービスに任せることです。様々な電気のトラブルを解決してくれます。

詳しく見る

放置してしまうと危険

婦人

ブレーカーが落ちて電気が使えなくなってしまった場合、漏電が原因である場合があります。その場合には、早めに電力会社ではなく電気工事店に依頼することが大切です。業者は修理箇所を調べて必要であれば部品の交換をするなどの対処をするため、事前に故障箇所を特定しておくことでスムーズに済ませることが出来ます。

詳しく見る

個人で判断するには

工具

できる限りで原因の追究

落雷が落ちたわけでも、レンジやドライヤーなどの消費電力が高い機器を併用しているわけでもないのに頻繁に漏電ブレーカーが落ちるということはありませんか。この場合契約アンペア量以上の電力を使用しているケースもありますが、危険なのは漏電ブレーカーが漏電していたことが原因の場合です。電化製品の故障や劣化、梅雨時の結露や雨水がコンセントに侵入した状態で使用することでも起こります。もしブレーカー内部がショートした場合は専門業者に修理を依頼することになりますが、ブレーカーが落ちただけなら、原因が漏電かどうかは修理を依頼する前に個人でも調べることができます。ブレーカーが落ちた時は、まずそのまま分電盤の安全ブレーカーのスイッチを全て切ります。そのあと安全ブレーカーを一つずつ入れて、入れた瞬間ブレーカーが落ちる箇所が漏電を起こしている部屋のブレーカーとなります。その後そのブレーカーに配線されている部屋の電化製品の電源を全て切り、一つずつ電源を入れることで漏電の原因となっている電化製品を特定できます。充電器や電気スタンドのような小物なら買い替えることで済みますが、エアコンなどが原因である場合漏電の修理には専門知識が必要ですので個人で修理しようとせず、電気技術者や専門業者に点検を依頼しましょう。この方法で漏電元が特定できなかった場合、分電盤そのものの故障も考えられますのでその場合は直ちに専門業者に修理を依頼してください。